活用法法は一つじゃない!マイクロバブルシャワーヘッドの使い方とは?

公開日:2022/02/15  最終更新日:2022/02/18


通常よりも細かい気泡を発生させる「マイクロバブルシャワー」をご存じでしょうか?毛穴よりも小さい気泡を発生させるため、毛穴の奥の汚れを吸着して除去する高い洗浄力にも注目されています。しかし、活用方法はその1つだけではありません。この記事では水流別の活用方法や交換するメリットとともに、選ぶ際のポイントについて解説します。

マイクロバブルシャワーヘッドに交換するメリット

マイクロバブルシャワーヘッドとはその名のとおり、マイクロバブルを発生させるシャワーヘッドを指します。では、今あるシャワーヘッドからマイクロバブルシャワーヘッドへ交換するメリットは何でしょうか?

■高い洗浄効果

マイクロバブルシャワーヘッドは、約1μm~100μmの小さな気泡を発生させます。人間の毛穴の大きさは約100300μmのため、この小さな穴が毛穴の奥まで届き汚れを吸着・除去します。

毛穴の汚れは肌トラブルにつながる可能性もありますが、クレンジングで落としきれなかった汚れもマイクロバブルでしっかりと洗い流せば、肌トラブルを予防できるかもしれません。

■保湿・保温効果

マイクロバブルは毛穴よりも小さいため、肌への浸透率が高くなります。保温効果も認められており、マイクロバブルバスユニットを販売しているメーカーの実証データによれば、皮膚の温度変化がさら湯と比べて高く維持されていたそうです。

また保湿に関する調査では、肌のしっとり感は+24%、肌のさっぱり感は+15%、お湯の柔らかさは+34%という結果も出ています。

■塩素除去機能で髪質改善

マイクロバブルシャワーヘッドには塩素除去機能が付いたものもあります。塩素は水道水に含まれており、人によっては塩素が原因で髪がぱさぱさになったりしてしまうようです。塩素除去機能のあるマイクロバブルシャワーに交換すれば、髪質改善も期待できるかもしれません。

ただし、塩素除去機能はタブレットやフィルターを使ったものがほとんどのため、カートリッジを定期的に交換しなければいけません。塩素除去力を維持するためにも、カートリッジの交換は忘れずに定期的に行いましょう。

マイクロバブルシャワーヘッドの使い方とは?

「ストレート」「ミスト」「ジェット」と水流が変えられるヘッドであれば、以下のような使い方もおすすめです。

■細かいミストで肌を洗浄

「ストレート」より細かい気泡が出る「ミスト」があれば、顔や肌の洗浄に使うのがおすすめです。低い水圧で肌にストレスがかかりにくく、優しく汚れを洗い流します。

■水圧の高いジェットは洗髪におすすめ

シャンプーする際には顔や体よりも多い泡で洗うため、ある程度の水圧が欲しい人もいるのではないでしょうか。水圧の高い「ジェット」があれば、シャンプーを洗い流すのにぴったりです。高い水圧で髪の奥まで入り込み、汚れをしっかりと落とせるでしょう。

■浴槽に入れてマイクロバブルバスを楽しむ

マイクロバブルバスを販売しているメーカーの中には、給湯器を交換するだけで簡単にマイクロバブルバスを楽しめるものもあります。しかし、本体価格だけで50万円以上するため、シャワーヘッドと比べればかなりの出費になるでしょう。「毎日ではなくていいから手軽にマイクロバブルバスを楽しみたい」という人は、マイクロバブルシャワーヘッドで浴槽のお湯を張ってみてはいかがでしょうか。

マイクロバブルシャワーヘッドを選ぶ際に確認するべきポイント

洗浄力が高く魅力的なマイクロバブルシャワーヘッドですが、購入する際にはどこに気をつければよいのでしょうか?マイクロバブルシャワーヘッドを選ぶ際のポイントについて解説します。

■マイクロバブルの含有量

マイクロバブルシャワーヘッドは「マイクルバブルを発生させるシャワーヘッド」であり、マイクロバブルの含有量は関係ないと考えられます。マイクロバブルの含有量は商品によって異なり、ミストモードで最大6,000万個/ccのものもあれば、9.2億個以上というものもあるようです。マイクロバブルの洗浄力や保湿・保温効果に期待して購入するのであれば、含有量をしっかりと確認しておきましょう。

■水流モードの切り換え

「ストレート」「ミスト」「ジェット」など、水流の切り換えができるものがあります。ヘッドによっては「ストレート」のみ、「ストレート」と「ミスト」の2つ、「ストレート」のみで水圧を調整できるレバーが付いているなど、さまざまなタイプがあります。欲しい機能や期待する効果によって、適切なものを選びましょう。

■マイクロバブルの発生方式

マイクロバブルの発生方式は2つあります。

・浴室内の空気を取り込んで発生させる「エジェクター方式」
・お湯に含まれている酵素を利用した「キャビテーション方式」

エジェクター方式のヘッドはマイクロバブルを安定して発生できる点がメリットですが、マイクロバブルバスをする際に浴槽につけっぱなしにしていると、空気が取り込めず故障してしまうことがあるようです。

エジェクター方式では空気が取り込めず故障することはないようです。しかし、お湯に含まれる酵素は地域や季節によってばらつきがあるため、安定した発生ができないという点はデメリットとなります。

まとめ

マイクロバブルシャワーに交換するメリットやおすすめの使い方、ヘッドを選ぶ際に確認しておきたいポイントについて解説しました。ヘッドによってマイクロバブルの含有量が違ったり、水流モードの切り替えができなかったりするため、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

【その他】シャワーヘッド一覧

新着記事

毎日の生活に欠かせないシャワーですが、シャワーヘッドも交換が必要だということをご存じでしょうか。毎日使用するシャワーヘッドはどうしても汚れの付着や劣化があるため、一定期間使用したら新しいもの
続きを読む
「お風呂は熱めが好み」という方は、ついつい熱めのシャワーで髪を洗ってしまうことも多いのではないでしょうか。毎日何気なく浴びているシャワーですが、熱すぎるシャワーは髪や頭皮に影響を与えてしまう
続きを読む
毎日使用している水道水は、浄水場で塩素処理が行われています。塩素処理を行う理由は、雑菌の繁殖を抑えるためですが、塩素の殺菌効果で肌や髪が傷ついてしまうことがあるのです。そこで注目されているの
続きを読む